20年で1000人以上! インタビューを「道具」として使い続けた先に見えた新しい可能性とは?

文芸・カルチャー

2017/7/24

『インタビュー』(木村俊介/ミシマ社)  テレビや新聞、雑誌、インターネットなど、あらゆる媒体で日々目にするインタビュー。取材対象者が元々知っていた著名人であれば、それまでの印象が変わるような新しい何かを発見したり、知らなかった人であれば、その内容を通して、人物や背景にある世界に興味を持ったりするきっかけになることも... 続きを読む