アラサー男3人が「不幸比べ」をするマンガ『世界で一番、俺が○○』【水城せとなインタビュー】

アニメ・マンガ

2017/9/6

『失恋ショコラティエ』『脳内ポイズンベリー』『窮鼠はチーズの夢を見る』……どんな作品でも、人間の心情の揺れ動きと関係性の変化を徹底的に描いてきたマンガ家・水城せとな。 彼女の初の青年誌連載『世界で一番、俺が○○』は、幼なじみのアラサー男3人が「不幸比べ」をするという作品。一体どんな心理模様が展開されるのか? &nbs... 続きを読む