たった「一行」から広がる極上の怖さ―そこに秘められた作者の奇妙な体験とは?〈インタビュー前編〉

エンタメ

2017/9/4

『一行怪談』(吉田悠軌/PHP研究所)  夏になると季節柄、怪談物の書籍は多くなる。そんな折に一風変わった一冊を見つけた。それが本書『一行怪談』(吉田悠軌/PHP研究所)である。開くとそこには1ページにつき1行の怪談が並んでいるのだが、余分な言葉が無いだけに、より想像力が喚起され頭の中で勝手に怖さが広がる。こんな作品... 続きを読む