泣ける小説として読者&書店員から熱い支持!『夜が明けたら、いちばんに君に会いに行く』汐見夏衛インタビュー

小説・エッセイ

2017/12/6

本心を隠すため、マスクをつけて登校する少女。自分の気持ちに素直で、自由奔放な少年。正反対の二人は、いつしか心を通わせるのだが――。「今、いちばん泣ける」と話題の小説を、著者のインタビューとともにひもといていく。   『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』 汐見夏衛 スターツ出版 1200円(税別) 誰か... 続きを読む