松坂桃李「他人に見せることで昇華する感情をきちんと受け止めること。それがリョウを演じるなかで、大切にしていた心情でした」

あの人と本の話 and more

2018/3/6

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、映画『娼年』で、“娼夫”リョウを演じた松坂桃李さん。センセーショナルな性描写と、そこに存在する優しく繊細な心理を紡いでいくなかで、自身が見つめていたものとは――。 松坂桃李まつざか... 続きを読む