新しくなった『レタスクラブ』が歴史的快挙達成! 編集長が語るリニューアルからの1年。大きな反省をしている事件も……?

暮らし

2018/6/25

 新生『レタスクラブ』の勢いが止まらない! 「考えない、悩まない。あなたの生活をもっとラクに、楽しく!」という新たなコンセプトを掲げ月刊化を果たしてからはや1年。この度、同ジャンルの雑誌で不動の存在だった雑誌『オレンジページ』の売上部数を抜くという、歴史的快挙を成し遂げました。

 でも歴史ある雑誌のリニューアルって、きっと一大事だったはず。そんな挑戦を成功させた1年間について、松田紀子編集長にお話を聞いてきました! 

■リニューアルからはや1年。読者からの反応は……?

──『レタスクラブ』のリニューアルから1年が経ちました。振り返ってみてどうですか?

松田紀子編集長(以下、松田):この1年で「考えない、悩まない。あなたの生活をもっとラクに、楽しく!」という新しいコンセプトを、しっかり実現できてきたと思います。編集メンバーも、はじめは手探りの部分が大きかったんですが、徐々に感覚がつかめてきたみたいです。

――「ラク」というキーワードを前面に押し出したのは、とくに大きな変化ですよね。それは、これまでの読者さんにも違和感なく馴染んだのでしょうか?

松田:もちろん、いろいろなご意見がありました。でも「毎晩、家族のために夕飯を作る人たちへ届ける」というスタンスは変わっていなくて。だから「むしろラクになってよかった」と、受け入れてくださった方が多いような気がします。それから、整理収納やお金、美容といった特集にも力を入れるようになったので、お料理ページ以外の読み物をおもしろいと思ってくださる方もいらっしゃいます。

――なるほど。つまり、これまでのところリニューアルは成功という感じですか?

松田:そうですね。リニューアル直後には3号連続完売も達成しましたし、定期購読者数も順調に増えています。いろいろなタイプの作家さんにコミックエッセイを書いていただいたり、声優の増田俊樹さんの連載を始めたりしたことで、新しい読者さんたちがたくさん入ってきてくれたんですよ。おおむね順調な1年間だったんですが、1つだけ大きな反省をしている事件があって……。

――といいますと?

松田:『レタスクラブ』では毎年、秋に3号連続でスヌーピー特集をやっているんですね。それで、必ず家計簿を付録にしているんですが、リニューアルにともなって少しスタイルを変えたんですよ。それがものすごく不評でして……。

――そうなんですね……!

松田:周辺調査の結果、家計簿を付けてる人ってもうあんまりいないということでリニュアルしたんですが……。まったくそんなことはなかったようで。いただいたご意見のなかで印象に残っているのは「家計簿が家族の記録になっている」というもの。子どもに誕生日プレゼントを買ったとか、七五三でこれだけのお金がかかったとか、そういう支出の記録が全部思い出なんですよね。だから手帳と同じようにずっと取っておいてくださっているらしくて。お叱りの意見ではあったんですが、こんなにも大切に思ってくださる方がいるんだなと、うれしかったですし、歴史ある雑誌を変えるというのはこういうことなんだと、身にしみてわかりました。この1年でもっとも大きな教訓になった出来事ですね。

■あの『オレペ』を抜いた! 歴史的快挙を達成できたワケ

――そんななか『オレンジページ』の実売部数を抜くという歴史的快挙を成し遂げたわけですが、やっぱり存在は意識していたんでしょうか?

松田:もちろんです!『オレンジページ』ってすごくいい雑誌なんですよ。お料理好きな読者さんをがっちり掴んでいて。だから『レタスクラブ』がどこか“二番煎じ”と思われがちだったというか。それを払拭したいっていう気持ちもあってやってきたので、今回の結果は素直にうれしいですね。

――ちなみに、差別化のためにどんな工夫をしたんですか?

松田:意識して口コミが広がるように仕向けた部分はありますね。長年当たり前のように存在している雑誌って、わざわざ話題にしないんですよ。だからまず、編集メンバーそれぞれにTwitterアカウントを作ってどんどん発信してもらうようにしました。アイコンはたかぎなおこさんに書いてもらって「ポケモンGO」のような、集める楽しみも感じてもらえるようにしたり。もちろん、発信力のある方に連載や特集で参加していただいてます。それから、ちょっとした違和感も大切ですよね。増田俊樹さんの連載は「なぜ『レタスクラブ』で?」っていう疑問が毎月のようにSNSで話題になっているので(笑)。

──たしかにSNSでの口コミって、影響力が大きいですよね! 新しい特集や企画のなかでほかに話題になったものってありますか?

松田:やっぱり「献立カレンダーブック」ですね。すでにたくさんのファンの方がついてくださって「これのおかげで家事と仕事が両立できているから、絶対にやめないで!」というお言葉も多数いただいています。実はリニューアルで月刊化する前の隔週刊のころから「2周間分の献立カレンダー」という特集はあったんですよ。ただ、食材の使い回しというところまで気が回っていなかった。今日は鮭がメインだったのに、明日は鶏肉……というように食材がバラバラ。そうすると結局使い切れないものが出てきて、カレーに入れるしかなくなったり、無残にも腐らせてしまったり……。

――わかります! 結局、1番難しいのって食材を使い切ることだったりしますよね……。

松田:なので「これだけ買って、こういうレシピに使えば、冷蔵庫が空になる!」という提案ができないかなと。そのアイデアを受けて、副編集長の藤原が生み出してくれたのがこの「献立カレンダーブック」です。ただこれ、作るのは本当に大変で。キレイにすっからかんにするために、食材の量や使う順番を緻密に計算しないといけないんですよ。担当してくれる料理家さんには“修行”と呼ばれています(笑)。

──修行……! あの、ちょっと気になったんですが、今って毎月同じ雑誌を買う人って減ってきているんじゃないかと思うんです。毎月いろんな雑誌を比べてみて、気に入ったものを買う……というように。そのなかで、ファンになって継続して読んでもらうために、意識していることって何かありますか?

松田:『レタスクラブ』に人格を持たせることですね。読者さんに、いつ会っても安心できる友だちのように感じてほしくて。実はリニューアルのとき、毎号テーマを変えるという方向性も検討はしたんです。でも、会う度に違う話をする人より、いつも変わらないテンションで、同じような話をしてくれる人の方が人としては信頼できるし、また会いたいって思えるなって。だから「料理」「整理収納」「お金」「美容」という4つの内容を、ブレずに毎号載せるようにしています。

──そのたとえ、めちゃくちゃ納得できます。そんななかで、松田編集長が思う『レタスクラブ』の強みって、何ですか?

松田:「楽しくて、役に立つ」ということですね。私は長年コミックエッセイの編集をやっていたんですが、そのころからこれが1番大切なことだと思ってずっと意識しています。やっぱり、少しでも人生にプラスにならないと、わざわざお金を払って買わないと思うんですよ。とくに今なんて、無料でいろいろな情報が手に入る時代ですから。だからこそ『レタスクラブ』を読んで手元に置いておくことで、その人の人生が少しでも明るく楽しくなるように。そんな思いを凝縮させて作っています。

■2年目に突入した新生『レタスクラブ』。今後の展開は……?

──新生『レタスクラブ』もいよいよ2年めに突入しましたね! 今後についてはどんな展望があるんでしょうか?

松田:気を抜くとどうしても守りに入ってしまうので、攻める姿勢はいつも忘れないようにしたいですね。せっかく好調なので、毎号必ず1つはチャンレンジをしていきたい。やってみてダメなら仕方ないですから。以前は周年記念号まで新連載はやらないという慣習があったのに、今は毎号のように新連載が始まっているくらいです(笑)。

──それは毎号楽しみですね!

松田:それから、より若い世代の方にも読んでいただけるような工夫もしていこうと考えています。もちろん、既存の読者さんに向けていいものを作っていくことが1番大切ですが、『レタスクラブ』の歴史をつないでいくためにも“若返り”には取り組んでいかないと。そのためにとくに意識しているのは、ぱっと見たときの“顔つき”。明るい印象を持ってもらえるように、表紙の色合いをビタミンカラーにしています。企画や特集も、30代、40代の方の興味を引くようなものを少しずつ増やしていきたいですね。

──最後に『レタスクラブ』と『ダ・ヴィンチニュース』の読者の方々に向けて、メッセージをお願いいたします!

松田:ずっと『レタスクラブ』を愛し続けてくださっている方にも、リニューアルを機に読み始めてくださった方にもよろこんでいただける企画や特集をすでにいくつかあたためていますので、お楽しみに! まだ1度も『レタスクラブ』を読んだことがないという方は、まず騙されたと思って手にとってみてください。「楽しくて、役に立つ」ので意外とハマると思いますよ!

取材・文=近藤世菜

2食材、8分で作る!「なすの韓国風肉巻き蒸し」レシピ【作ってみた】『レタスクラブ’18 7月号』