今田美桜「“真矢愛莉”役は、私にとって“転機”でした。そして、演じた、私自身も変えてくれました」

あの人と本の話 and more

2018/7/6

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、TBS火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で、ツインテールの小悪魔美少女・真矢愛莉を演じ、“原作度、高すぎ!”と、注目を集めた今田美桜さん。6月に最終回を迎え、“花晴れ”ロスが蔓延するなか、ついにDVDの発売が決定! 人気女優への階段を一気に駆けあがっている今田さんの読書スタイル、愛莉について……を伺った。

今田美桜さん
今田美桜
いまだ・みお●1997年、福岡県生まれ。女優。ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』、初のヒロイン役を演じた映画『デメキン』などで注目を集める。出演作にドラマ『僕たちがやりました』『記憶』、映画『罪の余白』『ダブルミンツ』『一夜再成名』など。
ヘアメイク:白水真佑子 スタイリング:松尾由美

「装丁があまりにも可愛くて、思わず手に取ってしまいました」。

お薦め本に選んでくれた『本日は、お日柄もよく』は、偶然、書店で出会った一冊だったという。

「本屋さんに行くのが大好きなんです。“次は、どの本を読もうかな”と考えている時間は至福。そうしているうちに、ついついまとめて買い込んでしまう。だからまだ読めてないものが何冊もあって、その本を見るたび、早く読みたくてうずうずしてしまう(笑)」

 今、家にある未読の本をすべて読んだら、すぐに買って読みたい本があるという。

「又吉直樹さんの『劇場』です。『火花』に、ものすごく感動したので。“この気持ち、こういう描写をされるんだ!”と、もう夢中になって読んでいました。再び、あの読み心地を味わいたくて」

 女優になる以前は、エッセイなどのノンフィクションをよく読んでいたというが、演じるようになってからは、小説に心が向いてきたという。

「物語の世界に入り込み、情景を想像するのが楽しくて。登場人物の細部に至るまでの姿も。比較的、会話文が多い小説を選ぶ傾向にあるような気がします」

 ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』で、真矢愛莉を演じる前にはもう一度、原作を読み返し、そこから想像を膨らませては、演じるために必要なものを引き出してきたという。

「ぶりっ子と小悪魔、その二面性が愛莉の魅力。監督は“そこを180度変えて見せたい”とおっしゃられていました」

 大好きな晴には、とことんやさしくて、ぶりっ子で、仲良くなってからの音へも、惜しみのない友情を注ぐ。けれど、他の人にはブチ切れて、毒を吐いて……相手によって態度がガラリと変わる、そのスイッチが、このドラマのひとつの見どころでもある。

「あのスイッチの切り替え、いったいどうなっていたんでしょう、自分でもよくわからないです(笑)。日常のなかだと、相手によって態度を変える人って、ちょっとどうなんだろう?って思うけれど、愛莉のキャラだから許されるんでしょうね(笑)。そこを思いっきり楽しんで演じていました」

 10月26日に発売されるDVDには、撮影を楽しむ今田さんの姿が垣間見られるメイキング映像も。

「撮影現場、本当に楽しかったんです。私は人見知りをしてしまう性質なので、現場に入っても、共演者の方と仲良くなるのが遅いんです。やっと仲良くなったと思ったら、もう撮影が終わっちゃうみたいな(笑)。でも本作ではそんなことはなくて、本当に学校に通っているみたいに、最初からみんなでワイワイしていました。特典映像では、そうした場面も収められていると思いますので、“こんな風に、このドラマは作られてきたんだ”という観点でも楽しんでいただきたいなと思います」

「ただ、ただ演じたい」。その一心で故郷・福岡から上京してきたという今田さん。撮影現場で発揮されるそのストイックさ、根性は共演者からも賞賛されている。

「自分ではそこまで、ストイックだとは思っていないのですが、“花晴れ”の石井康晴監督からは、愛莉がおにぎりをたくさん食べるシーンで、“博多の女だなー”と言われました(笑)」

 ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』では、ピュアな心を持つデリヘル嬢、映画『デメキン』では、博多弁で啖呵を切る男前なヒロインと、昨年もまったく色合いの違う役を次々と演じ、その演技に注目が集まった今田さん。ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の愛莉役は、自身にとって、どんな存在の役になったのだろう。

「私、意地悪な役は初めてだったんです。それもエゲツなく、可愛いく、という(笑)。そんな二面、三面、いろんな面を持った女の子を演じられてすごくうれしかった。そしてこの愛莉役で皆さんに私を広く知っていただけた。そういう意味で、私にとって“転機”になった役だったのではないかと思っています。そして、自分を前面に出す、愛莉役を演じたことで、私自身も、少しずつ自分を外に出せるようになってきた気がするんです。役が、私自身まで変えてくれた、“愛莉”は、そんな大切な存在です」

(取材・文:河村道子 写真:山口宏之)

 

DVD&Blu-ray『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』

DVD&Blu-ray『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』

原作:神尾葉子『花のち晴れ~花男 Next Season~』集英社刊)出演:杉咲 花、平野紫耀(King & Prince)、中川大志、濱田龍臣、飯豊まりえ、今田美桜ほか 10月26日発売 2万2800円(DVD-BOX)、2万8800円(Blu-ray BOX) TBS/製作著作・発売元 TCエンタテインメント/販売 
●名門・英徳学園を舞台に、人に言えない秘密を抱えながらもそれぞれが自分らしく生きようと奮闘する痛快青春ラブストーリー。特典にはメイキング映像も!