映画『センセイ君主』で主演を務めた竹内涼真が選んだ本は?

Cover Model 紹介

2018/8/7

映画『センセイ君主』で主演を務めた竹内涼真が選んだ本は?

 


少女マンガを原作とした
映画のイメージを
ちょっと壊してみたかった

 竹内さんが主演を務める映画『センセイ君主』。生徒である女子高生に恋の猛アタックを受ける“センセイ”という役どころ。少女マンガ作品をどう解釈したのだろうか。

「少女マンガを原作にした映画が今、多いので、“このマンガは、こういう感じに映像化されているのかな”というイメージが、どこか固まってきているように思えるんです。それをちょっと壊してみたかった。観た方が、〝あれ? この映画、いつもとちょっと違うかも?〞と感じていただけるように」 

 ヒロインとの距離感も熟考したという。

「全13巻ある原作の世界観を2時間弱で構築していくわけなので、二人の距離感は重要でした。原作は二人の距離感がとても近いんです。けれど映画作品では、いくら互いの気持ちが近づいてきても、最後まで〝先生と生徒〞という距離感を崩してはいけない、という答えを自分のなかで出し、それを貫いていきました」

 
■そんな竹内涼真さんの選んだ本は……

『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』
長谷部 誠

幻冬舎 650円(税別)

取材・文:河村道子

 竹内さんがこの本を選んだ理由とは? ダ・ヴィンチ9月号掲載のスタジオインタビューで語っていただきました! ぜひお読みください。