現役女子大生が紡いだ短歌の新境地! 31文字で生活の中の「エモさ」を表現

文芸・カルチャー

2018/11/20

『花は泡、そこにいたって会いたいよ』(初谷むい/書肆侃侃房) 「若い歌人の歌集を出したい」という思いによってスタートした書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズから、北海道在住の女子大生、初谷むいが自身初となる歌集を刊行しました。  淡い色調で描かれた、爪を切る女の子の表紙。大きな文字で書かれた『花は泡、そこにいたって会いたいよ... 続きを読む