歴史的な大義名分ではなく、惚れた女のために命を懸ける『夜汐』東山彰良インタビュー

新刊著者インタビュー

2018/12/7

 台湾を舞台にした青春小説『流』で直木賞を受賞しブレイクした、東山彰良。最新長編『夜汐』は、自身初となる歴史モノだ。 東山彰良 ひがしやま・あきら●1968年台湾生まれ。2003年、第1回「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞した『逃亡作法 TURD ON THE RUN』でデビュー。15年、『流』で第1... 続きを読む