累計400万部突破の大ヒットラブコメがアニメ化!『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』古賀 葵×古川 慎キャスト対談

アニメ・マンガ

2019/1/10

 恋愛は戦。好きになったほうが負けなのであるッ──! 名門私立秀知院学園の生徒会を舞台に、プライド高き会長と副会長が「いかにして相手に告白させるか」の頭脳戦を繰り広げる『かぐや様は告らせたい』。累計400万部(※電子含む)突破、1月12日からテレビアニメもスタートする同作は、なぜこれほど面白いのか。ふたりの主人公を担当するキャスト対談からその秘密をひもといていこう。

アニメ『かぐや様は告らせたい』キービジュアル

2019年1月12日より、MBS・TOKYO MX・BS11ほかにて毎週土曜深夜放送 
『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』
由緒ある名門校の生徒会長&副会長として、羨望のまなざしを一身に集める白銀御行と四宮かぐや。2人は互いに惹かれ合っているが、チョモランマの如きプライドが恋路を阻み、何も進展がないまま早半年。やがて彼らは、「いかに相手に告白させるか」ばかり考えるようになり……!? 高度な(?)駆け引きがアツい、頭脳派ラブコメ!
原作:赤坂アカ 監督:畠山 守 シリーズ構成:中西やすひろ キャラクターデザイン:八尋裕子 音楽:羽岡 佳 制作:A-1 Pictures
キャスト:四宮かぐや/古賀 葵 白銀御行/古川 慎 藤原千花/小原好美 石上 優:鈴木崚汰 早坂 愛/花守ゆみり ナレーション/青山 穣
(c)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 

古賀 葵(四宮かぐや役)×古川 慎(白銀御行役)キャスト対談

会長はかぐやが出来なかったことを叶えてくれるんです。(古賀)

──お2人が、原作コミックを読んだ感想は?

古川 とにかくハマりましたね。他の役者さんとも、「あのシーン、めっちゃ笑った!」と学生のように盛り上がって。「昨日の『ジャンプ』読んだ?」みたいなノリを久しぶりに味わいました。

古賀 「こんなに面白いラブコメ、ひさびさに出会った!」という衝撃がありましたよね。しかも、キャラクターが濃いだけでなく、彼らの背景もしっかり描かれていて。

古川 男性目線からすると、かぐやのかわいさはストライク。表面上はツンツンしているけど内面はデレッデレ。時の経過とともにデレるのではなく、心の中でデレているんです。そういうキャラって、僕が出会った中ではかぐやが初めてかも?

古賀 なるほど、確かにツンデレですね! 私は、飛びぬけたところはあるけれどリアルなところを突いている子だなと思っていました。

古川 現実世界にもいそうなツンデレだよね。しかも、古賀さん演じるかぐやは表面と内面の温度差がものすごい(笑)。

古賀 かぐやって高貴で人を寄せ付けないところもありますけど、内面では普通に怒ったりすねたり喜んだりしていてリアルな人間味があるなと思っていて。白銀会長もそうですよね。完璧なイメージがありますが、庶民的なところもあって。

古川 彼は努力の天才。僕の数十倍も努力家で、本当に尊敬します。だからこそ、学校でも成績トップをキープできるんですよね。でも内面は普通……というかかなりひねくれている(笑)。プライドの高さと庶民的なところがうまく親和して、愛すべきキャラクターになっていると思います。

古賀 2人ともギャップが魅力ですよね。

アニメ『かぐや様は告らせたい』場面写真
アニメ『かぐや様は告らせたい』場面写真

──表向きはクールに装う2人ですが、心の中では全く違う言葉を発しています。演じるのも大変では?

古賀 かぐやはあたかも「何も考えてませんよ」という顔をしながら、頭の中ではものすごくしたたかなことを考えています。しかも、会長より一枚上手なんです。動揺を隠せない会長に対し、淡々とその上を行くのがかぐや……なのですが、古川さんがすごく動揺してくださるので(笑)、釣られてテンションが上がらないようにするのが大変です。

古川 申し訳ない (笑)。確かに、かぐやは仕掛ける側ですよね。しかも、かぐやって芝居ができるでしょう?

古賀 そうなんです!

古川 「あなたに惚れてます!」という芝居をして、告白を誘おうとしてくるんです。それに対し、白銀は動揺しながらもなんとか返す、でもまたやり返されてしまう……という感じ。そのやりとりが楽しいんですよ。

古賀 かぐやは淡々としていますが、そこに会長が驚きや動揺で波を作ってくれるから、2人の頭脳戦が面白くなっているんでしょうね。

古川 かぐやも白銀もお互いのモノローグは聞こえていないのに、演じる僕らは聞いてしまっています。相手のモノローグを引きずらず、瞬時に切り返すのが難しいんですよ。そういう意味では、僕らも頭脳戦をしていますね。

──事前に、「こう来たらこう返そう」とお2人の間で打ち合わせをするのでしょうか。

古川 いえ。だからこそ、面白いんです。アフレコってジャズセッションのようなものだと感じていて。舞台なら脚本の読み合わせがあって、稽古があって、演出家が指導して……という流れで芝居を作っていきます。でもアフレコは、事前に自分の中でイメージを作っておき、それを現場でテストする。「なるほど、そう来るか!」と思いがけない演技を受けた時の声で、芝居を紡いでいくのが楽しいんです。

古賀 さらに、ナレーションがいい味出しているんですよね。

古川 そうそう。的確に我々の頭脳戦を解説してくれます。必聴ですよ。

アニメ『かぐや様は告らせたい』場面写真
アニメ『かぐや様は告らせたい』場面写真

2人の勘違いにワハハと笑い、恋愛描写にキュンとくる

──まだ収録を進めている最中ですが、ここまでで印象深いシーンは?

古賀 私は第1話です。セリフが多く、かぐやの土台を作っていった話数でもあるので。かぐやには「お可愛いこと」という決めゼリフがあるのですが、そのニュアンスも第1話でつかみました。私が作っていったお芝居よりも「鋭く、怖く、感情なく」というディレクションがあって、以降もその点を崩さないように演じています。

古川 僕が印象に残っているのは、夏に出かけるなら海か山かと言い合うシーン。白銀は山、かぐやは海と主張するのですが、途中でどちらも鞍替えするんです。「海!」「山!」と言い合うシーンが面白くて。

古賀 あれは楽しかったです!

古川 アニメでは、原作のエピソードの時系列を再構成しているので「ここでこの話を持ってくるのか!」というワクワクも味わえます。視聴者のみなさんがグッと来るであろうエピソードは、白銀とかぐやの自転車2人乗りシーンかな。いつも車で送り迎えされているかぐやですが、この日は徒歩で登校していて。「誰かと一緒に登校したかった」と思っていたら、そこへ遅刻ギリギリの白銀が自転車で現れるんです。なかなか交差しなかった2人の行動が、ようやく交わる。これはキュンとくるわー(笑)。

古賀 会長がサッと現れて、かぐやがやりたかったことをスッと実現しちゃう。これはもう運命ですよね。

──最後に、放送を楽しみにしている方にひと言お願いします。

古川 「恋愛頭脳戦」と聞くと難しそうですが、要は「いかにして相手に告白させるか」。奇抜な発想をするかぐや、追い詰められながらも苦肉の策を考える白銀のやりとりが魅力的な作品です。互いの勘違い、すれ違いが面白くて、例えるならアンジャッシュさんのコントのよう。先の読めない展開と恋愛描写、どちらも楽しめるのでワハワハ笑いながらキュンキュンしてしまえばいいと思います。

古賀 キュンキュンしていただけたら嬉しいです!

男性目線からすると、かぐやのかわいさはストライク。(古川)

古賀 葵
こが・あおい●佐賀県出身。主な出演作は『天使の3P!』金城そら役、『つうかあ』宮田ゆり役、
『魔法少女?なりあ☆がーるず』はなび役、『少年アシベGO!GO!ゴマちゃん』ユミコちゃん役、リャンリャン役など、出演作多数。
古川 慎
ふるかわ・まこと●熊本県出身。『ワンパンマン』サイタマ役、『転生したらスライムだった件』ベニマル役、
『刀剣乱舞-ONLINE-』大倶利伽羅役、『BANANA FISH』ショーター・ウォン役など、出演作多数。

 

取材・文:野本由起

 

●人物紹介

四宮かぐや(しのみや かぐや) 生徒会副会長。万能型の天才美少女。財閥「四宮グループ」の令嬢で世間知らず。無意識に他人を見下すところがある。白銀御行に告らせたい。

白銀御行(しろがね みゆき) 生徒会会長。努力型の天才で、テストではトップを譲らない。名家の子女が多い学園において、数少ない庶民派。四宮かぐやに告らせたい。

藤原千花(ふじわら ちか) 生徒会書記。かぐやとは中等部からの友人。天然ゆるふわ系で、かぐやと白銀が水面下で頭脳戦を繰り広げていることに気づいていない。

石上 優(いしがみ ゆう) 生徒会会計。なかなか姿を見せないが、実は生徒会の陰の功労者。観察力が鋭く、かぐやのダークな一面を垣間見てしまうことが多い。

早坂 愛(はやさか あい) 四宮家の使用人であり、かぐやに仕える近侍。主従というより、姉妹のような関係を築いている。状況に応じてさまざまな姿に変装する。