みんなスゴくてカワイイ存在だった! 役に立たないけどためになる『胎児のはなし』――著者のお2人に聞いてみた!

出産・子育て

2019/4/12

 考えてみれば、経験していない人はいない。それなのに、その実態を詳しく知る人もほとんどいない──それが、赤ん坊になる前=胎児だったときのこと。『胎児のはなし』(最相葉月、増﨑英明/ミシマ社)は、すべての人類に関係が深い一冊だ。  ノンフィクションライターの最相葉月氏が、胎児が“見える”時代の産婦人科界を牽引した元病院... 続きを読む