堤幸彦「僕自身、まだ抗いたい、まだ逆らいたいという気持ちがあるから」

あの人と本の話 and more

2012/5/7

毎月3人の旬なゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、斬新な手法で独自の映像世界を切り開いてきた堤幸彦監督。渾身の異色作『MY HOUSE』については、56歳にして「もう一度、監督デビューする気持ちで撮った」と語る。その真意に迫った。 「最... 続きを読む