なぜ佰食屋は「働きやすさ」と「経営」を両立できる? “すべてのスキンケアを捨てた”女性経営者の覚悟

ビジネス

2019/8/15

「どれだけ売れても1日100食限定」「営業わずか3時間半」「飲食店でも残業ゼロ」など、逸話の数々から、奇跡のビジネスモデルと称された、京都の国産牛ステーキ専門店「佰食屋」。  代表の中村朱美さんの初の著書『売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放』(ライツ社)の出版を記念したトークイベントが開催された... 続きを読む