宮沢氷魚がゲイの青年を演じて改めて思ったこととは――「誰かのおかげで自分は生きているし、逆にその誰かの一部を自分は支えている」

あの人と本の話 and more

2020/1/11

 毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、初主演映画『his』の公開を控える宮沢氷魚さん。『一九八四年』の魅力、そして映画への思いを聞いた。 宮沢氷魚みやざわ・ひお●1994年、アメリカ・サンフランシスコ生まれ。『MEN... 続きを読む