吉沢亮「ここまで嫌われそうな役、やったことない」× 住野よる「『人殺したの?』ってくらい怖かった」【対談】

小説・エッセイ

更新日:2020/8/21

吉沢亮さん

 青くて痛くて脆い……そのフレーズを最も体現する登場人物が、小説では視点人物(「僕」)でもあった、田端楓だ。住野よるが初めて意識的に書いた「読者に嫌われる主人公」。演じた吉沢亮と、初めての対談を行った。

――お2人は初めまして、ですか?

吉沢 打ち上げの時に初めてお会いしました。

advertisement

住野 その時はまだ僕が完成した映画を拝見していなかったので、あまり具体的なお話もできなくて。

吉沢 映画、どうでしたか?

住野 一番最初に思ったのが、「ちゃんと『青くて痛くて脆い』だな」と。吉沢さん、杉咲さんを始めとする俳優陣の皆さんの演技が本当に素晴らしかったんですよ。楓は本当の楓だと思えたし、秋好は本当の秋好だと思えたんです。

吉沢 めちゃくちゃ嬉しいです。

住野 僕は小説を書いていた頃から楓擁護派なんですが、僕の周りの女性編集者さんたちはみんな、楓のことが大嫌いなんですよ。でも、吉沢さんが演じてくださった楓を観たことで初めて、「楓、まじやばい奴だな」と思いました(笑)。

吉沢 それも嬉しいです(笑)。嫌われよう、と思って頑張りましたから。逆に、やりすぎた感はないですか。大丈夫ですか。

住野 全然大丈夫です。今まで僕が楓に甘かったんです。

一同 (笑)

楓は自ら勝手に落ちて、勝手に崩壊していく

©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

――楓は大学1年の春に同級生の秋好と出会い、彼女とモアイという名の秘密結社を作る。3年後、設立当初の理想を失い就職サークルとして巨大化したモアイをぶっ潰すために、計画を実行し始めます。二面性がある役ですが、出演を引き受けた理由とは?

吉沢 今回のお話をいただいてから原作も読ませていただいたんですが、人間と人間の距離感みたいなものがすごく面白くて。楓っていう人間の闇の抱え方も、今まで演じたことがないなと思ったんです。他人に傷つけられて闇に落ちていくみたいな役は何度かやったことがあるんですけど、楓の場合は、自ら勝手に落ちて勝手に崩壊していく、みたいな。

一同 (笑)

吉沢 自分勝手で、どうしようもない奴で。でも、どこか理解できてしまう自分がいるというか、楓が抱えているものって意外と自分の中にもあるなって。普段出せないような感情が出せるんだとしたら、挑戦にもなるし、演じるのは楽しそうだと思ったんです。

住野 吉沢亮さんが引き受けてくださったと聞いた時に、「楓をあんなかっこいい人にやってもらっていいのかな?」と思ったんです。でも、映画を観たら始まった瞬間から「楓だ!」と。大学のキャンパスを歩きながら、いろんなサークルのチラシをいっぱいもらうんだけれども、後で全部ゴミ箱にばさっと捨てる。その時の、吉沢さんの表情が好きですね。

吉沢 興味のなさが露骨に顔に出ちゃってるんですよね(笑)。

――楓は〈人に不用意に近づきすぎないことと、誰かの意見に反する意見を出来るだけ口に出さないこと〉を、人生のテーマにしていた。でも、秋好と出会って、笑顔も表に出せるようになります。

吉沢 楓がそうやって掲げているテーマって、本当はもっと人と近づきたいし関わりたいんだけど、それができないから「自分はそういう生き方を選んでいるんだ」と、自分に思い込ませてるだけなのかなって。だからこそ、秋好みたいな人の心にずけずけ入ってくるタイプを前にして、最初はうっとうしかったけど、「自分もこうでありたかった」って憧れる気持ちもあったんじゃないかなと。

住野 確かに楓ってそういう奴なんですよね、今のお話を伺いながらすごく納得しました。

吉沢 僕自身、楓と似たような思考回路があったりするので(笑)。

吉沢亮さん

 

住野 僕もです(笑)。

――そういった楓の考え方を、彼がぽろっと喋ってしまった時、秋好は「超優しいじゃん」と言ってくれるんですよね。小説でも大好きなシーンでしたが、少しアレンジが加わった映画版のやりとりも、最高でした。

住野 今まで自分の中のマイナスだと思っていたことを秋好に肯定されることで、楓が救われた瞬間ですよね。「超優しいじゃん」の杉咲さんの言い方が、めちゃくちゃ良くって。

吉沢 グッときますよね。杉咲さんはお芝居のテンションがリアルだから、あのシーンでは本当にグッときていたんです。リアルだから、別のシーンではガチで傷ついたりしましたけど(笑)。

住野 モアイをぶっ潰す、となってからの楓は怖かったです。クライマックスの表情なんて、「人殺したの?」って(笑)。

©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

吉沢 「モアイをぶっ潰す!」ってなってからの楓と、秋好と2人でモアイを作っている時の楓とのテンションの差は、悩んだところでしたね。

©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

住野 董介を演じる岡山天音さんと、吉沢さんが2人でしゃべっているシーンも良かったです。モアイを潰すって作戦会議をしている時はあんなに仲良さそうだったのに、心を100%は開いてない。ある場面で楓は、董介に良くないことを言っちゃうんですよね。

吉沢 ホントにね、楓はどうしようもない奴なんですよ!

一同 (笑)

秋好がずっと隣にいても楓はきっと変わらない

吉沢 楓がやろうとしていることって、すごく今っぽいなと思うんです。行きすぎた正義感が、暴力に変わってしまうっていう。楓は絶対に今のモアイは間違ってる、「自分がやってることが正しい」って意識だけで動いているけど、実は間違っているかもしれないわけじゃないですか。誰かを傷つけないためにも、自分の中の正義感をいろんな角度から検証してみるのは大事だなって、この作品を通して思いました。

住野 分岐点はいろいろあったはずだったんですけどね。茅島みずきさんが演じてくれた川原さんとか、松本穂香さんが演じてくれたポンちゃんとか、変わるきっかけを与えてくれる人は周りにいたのに、楓は全部それを捨て去ってしまう。

©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

――秋好がずっと隣にいたら、違ったんですかね?

住野 秋好がずっと隣にいても、楓は変わらないでしょうね(笑)。

吉沢 僕もそう思います(笑)。でも、こういう青くて痛い時期って、きっと誰にでもありますよね。大なり小なりこういう思いを経験することで、みんな大人になるような気がするんです。

住野 吉沢さんがそういう思いで楓を演じてくださったということを、原作を好きでいてくださる方たちにぜひ知ってほしいです。それと、吉沢さんのファンの方たちにも観てもらいたい。ビックリしてもらえるんじゃないかなと。

吉沢 ここまで嫌われそうな役、やったことないですからね(笑)。原作の世界観は壊したくないなというのは、映画に関わる全員が思っていたことでした。今日は住野さんがこの映画を楽しんでくださったことが分かって、安心しました。

取材・文:吉田大助 写真:山口宏之
ヘアメイク:小林正憲(SHIMA) スタイリング:荒木大輔

よしざわ・りょう●1994年2月1日生まれ、東京都出身。アミューズ全国オーディション2009『THE PUSH!マン』で審査員特別賞を受賞しデビュー。2019年公開の映画『キングダム』の演技で、第62回ブルーリボン賞・助演男優賞、第43回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞。21年には大河ドラマ『青天を衝け』で主役に抜擢、渋沢栄一を演じる。

この記事で紹介した書籍ほか

青くて痛くて脆い

著:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
ISBN:
9784041052068