大人気アニメ『羅小黒戦記』の公式スピンオフコミック『藍渓鎮』翻訳版が大反響! 担当編集者に出版までの道のりを聞いた!

マンガ

公開日:2021/8/3

藍渓鎮 羅小黒戦記外伝 (1) (単行本コミックス)

著:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
藍渓鎮
『藍渓鎮』(木頭:原著,孫呱:著/KADOKAWA)

 中国の2Dアニメ『羅小黒戦記(ろしゃおへいせんき)』。2019年の日本上陸以来、そのクオリティの高さからクリエイターの間で話題になり、2020年に日本語吹替版が公開されました。

 黒猫の妖精・小黒(シャオヘイ)が黒豹の妖精・風息(フーシー)や最強の人間である無限と出会う冒険譚。もともと2010年にMTJJ木頭監督が個人で制作したWEBアニメから始まった作品で、中国では長く愛されています。

 そんな『羅小黒戦記』の公式外伝、『藍渓鎮(らんけいちん)』のコミックスの日本版が2021年5月27日に発売しました。そこで、ファン待望の翻訳本出版までの道のりを、担当編集である電撃だいおうじ編集部の小林由美子さんに伺いました。

(取材・文=宇野なおみ)

藍渓鎮

『藍渓鎮』あらすじ

 羅小黒戦記から400年前、戦乱の時代のこと。戦で故郷を失った少女・李清凝(リ・チンニン)は、WEBアニメにも登場する仙人・老君に助けられる。彼が導いてくれた場所は、居場所をなくした人々が穏やかに過ごす「藍渓鎮」。清凝は老君の弟子になりたいと志願する……。

「これはすごい!」と思って企画書を出した

――『藍渓鎮』を知ったきっかけはなんでしたか?

小林由美子さん(以下、小林):最初は『羅小黒戦記』の評判を聞いて、字幕版を映画館に観に行きました。映画自体とても面白くて、これはすごいぞと。その時、グッズの販売列にファンが殺到しているのを見て、ファンのみなさんのただならぬ熱量を感じました。それから『藍渓鎮』を知り、読んでみたのが出会いです。

――すぐに出版に動かれたのでしょうか。

小林:絵のクオリティ、キャラクターの個性、ストーリー全てが素晴らしくて。翻訳版を出せば日本のファンにもっと広がるだろうと思って、企画を出しました。幸い版権元(HMCH、北京寒木春華動画技術有限会社)から許可がいただけたので、翻訳に取り掛かりました。

advertisement

面白いものをやってみようという方針に後押しされた

――「電撃だいおうじ編集部」といえば4コマやショート漫画が多いイメージです。

小林:中国語のコンテンツを扱うのは、編集部初の試みでした。すでに熱心なファンがいましたけれど、当時は中国作品が広く受け入れられてヒットするかは未知数で。編集部としては挑戦だったと思います(笑)。ただ、面白いものをやってみようという方針が編集部にあったおかげで、編集長からGoサインが出ました。

――実際の反響はいかがでしたか? 1週間後には重版が発表されていましたが。

小林:予想以上でしたね。予約の時点で反響がすごくて、私たちもびっくりしていました。店頭で見つからないという声もいただきまして……。コンテンツの力を改めて感じました。

面白さを伝えるために。コミックス『藍渓鎮』のこだわり

――中国語は基本的に一人称が「我」ですが、日本語にはさまざまな一人称が存在します。翻訳は難しかったのではないでしょうか?

藍渓鎮

小林:口調は一番悩んだ部分です。実は翻訳は何段階にもわけて繰り返し行いました。漫画としての読みやすさは損ないたくないですし、原文の意味を変えてもいけない。妖精や仙人の出てくる世界ですから、独自の言葉も出てきます。誰を敬語にするか、老君や清凝の一人称など、試行錯誤して精度の高いものを目指しました。

――元気で真っ直ぐな清凝、見守る穏やかな老君、喧嘩が大好きな玄離。各々のキャラクターがすっと入ってきて、とても読みやすかったです。表紙が日本版オリジナルの描き下ろしというのも大きな反響でした。

小林:描き下ろしはぜひ叶えたかったです。一読者として私自身新しいイラストが見たかったというのもありまして(笑)。中国語版の表紙もとても素敵ですが、『藍渓鎮』の街並みを背景にキャラクターたちを見せたいと思っていました。ラフ案を4パターンほどお送りして、それを元に版権元にアドバイスをいただき出来上がったのが今回の構図です。

――監督も表紙の決定に関わっていたんですね!

藍渓鎮

小林:監督や作画を担当された孫呱さんが日本のファンをとても大事にしてくださって、翻訳チェックなど、親身に協力してくださいました。こちらで意訳した部分のアドバイスをいただきましたし、注釈の内容を教えてくださったこともあります。

――日本語版もフルカラーですが、中国版よりサイズが小さくなっています。

小林:原書の美しさを損ないたくなかったので、モノクロにすることは全く考えませんでした。サイズはB6サイズだと書店さんが置きやすいので、手に取ってもらえるかなと。

――持ち運びに便利で、布教がしやすいサイズです(笑)。紙も、一般的なコミックスとは少し違いますね。

小林:作品の世界観に合わせたくて、デザイナーさんとかなり相談しました。装丁は映画『君の名は。』をはじめ数々の人気作品のデザインを手掛けてるBALCOLONY.さんにお願いしたのですが、帯を含めとても素敵にデザインしていただけました。

――「ムゲンも登場!」と書かれた帯も話題になりました。

藍渓鎮

小林:やはり『羅小黒戦記』の映画を観た方にも読んでほしかったので、帯には無限を絶対に入れたかったんです。1巻は登場ページが少ないこともあり、どのコマにしようかと悩みましたが、SNSなどでもかなりの反響をいただけて嬉しかったです(笑)。

コミカルで、たまにほろり。日本でも広く読んでもらいたい

――改めて、作品の魅力はどんなところだと思いますか。

小林:絵は美しく、ストーリーはコミカルな部分が多く、テンポ良くサクサク読めます。でも、ときにこちらが考えさせられるようなシーンやグッとくる描写が入ってくる、そのバランス、緩急が見事な作品です。例えば13話で清凝が泣くシーン。翻訳しながら泣いてしまいました。

藍渓鎮

――戦乱の死や別れを描きながら、師匠と弟子の温かな関係も描かれている。『羅小黒戦記』を観ていても、いなくても楽しめる作品です。

小林:『藍渓鎮』は読後が爽やかな、心に染み入る素敵な作品です。中国語でしか読めなかったものが、日本語となった。これを機に広く読んでもらえたらと願っています。

 中国語版では2巻が発売され、益々盛り上がっている『藍渓鎮』。願わくは日本語版で続きを読みたい…! 両親を亡くし、自分の道を歩もうとする清凝。その姿から、きっと前に進む勇気をもらえるはずです。

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

藍渓鎮 羅小黒戦記外伝 (1) (単行本コミックス)

著:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日: