情熱があふれ出した高人のフラメンコは必見!──『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』高橋広樹インタビュー

アニメ

公開日:2021/10/8

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~
『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』 10 月 9 日(土)公開 (C)桜日梯子/リブレ 2021/DO1 PROJECT

「抱かれたい男」──それは、女性を虜にする色気あふれるスターの称号。子役時代から20年のキャリアを誇る俳優・西條高人は、5年にわたって女性誌の名物企画「抱かれたい男」ランキング1位に選ばれてきた。だが、6年目にしてついにその座を追い落とされることに。首位を奪った憎きライバルは、芸歴3年の新進俳優・東谷准太。敵意を燃やす高人に対し、東谷はキラキラした笑顔を向けるだけでなく、ひょんなことから「抱かせてほしい」と言い出して……!?

桜日梯子さんのBLコミック『抱かれたい男1位に脅されています。』(以下、『だかいち』)は、シリーズ累計発行部数400万部を突破した大ヒット作。ドラマCD、スピンオフ小説などさまざまなメディアに展開され、2018年にはTVアニメに、2019年には劇中劇の舞台化も果たした。そしてこのたび、ファンの熱い声にこたえて劇場版アニメが公開されることに! 10月9日から全国ロードショーが始まる『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』は、その名のとおりスペインにわたったふたりの物語。スペインにゆかりをもつ東谷のルーツがひもとかれるとともに、役者として、人としてさらなる成長を遂げる高人の姿が描き出されていく。

そんな劇場版の見どころを、全6回のインタビューでお伝えしていこう。第5回は西條高人役の声優・高橋広樹さんに、収録時のエピソード、高人と准太の関係性の変化について語っていただいた。

advertisement

劇場版は予想外の展開。「大丈夫か?」って思いました(笑)

──劇場版では、「スペイン編」が映像化されます。とはいえ、すでにCDドラマで「スペイン編」を演じていますよね。演じ方や演じる際の意識に違いはありましたか?

高橋:CDドラマの場合、ビジュアルはリスナーにお任せして、我々は音声で作品の情緒、雰囲気を表現します。それに対してアニメは、ビジュアルが先にあり、我々は画に合わせてアフレコを行うんですね。監督や演出の方がビジュアル、動き、距離感を先に決めて、我々はそこにハマっていき、いかにして僕らなりの表現をしていくかという作業なんです。その差はすごく大きかったですね。言い換えれば、CDドラマは距離感が自由。アニメは決められたところにあてていくという点が大きく違いました。

──劇場版の制作が決まった時は、どんなお気持ちでしたか?

高橋:正直、かなりびっくりしました。「TVシリーズ第2期が始まります」というお話だったら、そこまで驚かなかったと思うんですけど。劇場版は予想外の展開で、「大丈夫か?」って思いました(笑)。もちろん原作の連載は続いていますし、CDドラマも定期的に出しているので、作品自体が継続している実感はありましたが、劇場版って高い山のようにドンとそびえる最終目的地のような感じがあるじゃないですか。TVアニメが終わってしばらくしてから急に劇場版が公開されることになったので、「どうやってマーケティングしていくの?」って心配になりましたね(笑)。

──「ここに来て、いきなり劇場版か!」という感じだったんですね。

高橋:そうでしたね。もちろん「スペイン編」が熱いコンテンツで、ファンの皆さんの人気が高いことは知っていました。それにしても、もうちょっと階段を上るようなステップを踏むものなんじゃないかと(笑)。その反面、「ファンの熱量がそこまで高いってことなんだ」とあらためて気づかせていただいたような気もしましたね。ファンの応援あってのことですし、これは大変なことになったなと、一気に身がキューッと引き締まりました。

──ちなみに、スペインに行ったことはありますか?

高橋:ないです。ヨーロッパに行ったことはあるんですけど、イベリア半島はまだないですね。スペイン村にも行ったことがありません(笑)。

──(笑)。高橋さんが、西條高人という役を演じ始めてからもう6年以上になります。その過程で、高人さんに対する印象の変化、演じ方の変化はありますか?

高橋:演じ方は変わっていないはずです。ただ、最初の頃よりも高人とチュン太(東谷准太)の心の距離感は変わっていますね。

──チュン太を演じる小野友樹さんとの距離感も少しずつ変わってきましたか?

高橋:茶目っ気を出して、チュン太に突っ込んだりするようになりました。収録中も「天使かわいいな、おい!」みたいなことを言ったりして。そういう遊びは入れるようになりましたね。

──CDドラマを含めると、年に一度は高人役を演じていらっしゃいます。収録の際はどうやって気持ちを持っていくのでしょうか。

高橋:特に悩むこともなく、スムーズですよ。ただ、気を付けているのは、前回の収録でストーリーがどう終わっていたかを押さえておくこと。その続きからスタートするので、そこだけは間違えないように前回までのコミックスを読み返します。要は、スタート時の気持ちの温度ですね。スタートしてしまったら、そこからは時間が動き出すし、僕たちの世界を新しく作っていけばいいので。

──「気持ちの温度」っていい言葉ですね。現在の高人とチュン太の関係性を確認してから、収録に臨んでいるということですね。

高橋:そうです。前回のラストでふたりがラブラブだったのか、不穏な空気があったのか。それを押さえるだけで、収録スタート時の第一声が変わりますから。あとはスタートしてしまえば、こっちのものです(笑)。

劇劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

小野友樹君は長年連れ添った相方のよう。安定感があるから、安心して役に没入できるんです

──今回の劇場版は、高人さんが殻を破るためにスペインに旅立つところから始まります。高橋さんは、「スペイン編」の高人さんをどのように見守っていましたか?

高橋:チュン太との関係は、ほぼ問題ないし、相変わらず恋人同士なんだけど。「スペイン編」が今までと何が違うかというと、高人の仕事に対する姿勢がふたりにもたらした行き違いかな。まぁ、そんなに大きな問題ではないんだけどね(笑)。高人がチュン太に内緒で勝手にスペインに行って、「俺が役者としてのレベルを上げないと、あいつの隣に立つのにふさわしくない」とひとりよがりに暴走しちゃう。そういうエピソードですね。

──TVシリーズでも「紅葉鬼」の舞台を経て、高人さんはチュン太から役者として刺激を受けていました。今回の劇場版は、さらにそこから表現者として成長する姿が描かれていきます。

高橋:高人のストーリーラインの肝はそこだと思います。チュン太のストーリーラインは、今までにも少しだけ語られていた彼の内面の掘り下げですね。そのふたつのラインが描かれていると思いました。

──高人さんは理屈で演じていくタイプですが、高橋さんご自身は役者としてどういうタイプですか?

高橋:高人タイプではないです。僕も欲しがりなので、キッチリ作ってカッチリやってバッチリ決めてやりたいという願望は持っていたりするんですけど(笑)。ただ、さっきみたいに「始まったらこっちのもの」とか言っちゃうタイプなので、わりと感覚型ですね。「その時の相手のセリフによって、セリフなんていかようにも変わっちゃうよ。あらかじめ用意したセリフの言い方なんかしても、それはお芝居じゃないよ」という考えの持ち主。収録の時も相手役や周りの環境とのフィーリングで、いつもやらせてもらっています。それが良いほうに転んだ時は、作品も褒めてもらえます(笑)。

──ひととおり用意していくけれど、その場で生まれるもののほうが大事?

高橋:僕はそう思います。もちろん、最低限の準備はしますよ? ベースにあるしゃべり方のクセ、声のトーンはキープしますし、シーン全体を俯瞰して「このセリフはキメたほうが相手の心に刺さるよな」という準備はします。ただ、いざ感情を振り切っていく時に、脳みそで考えるだけじゃなくてハートが動かないと僕はそのセリフを声に出せない。ですから、まぁ感情型ですね。かと言って、チュン太ほどの天才肌ではないので悩ましい思いもしています(笑)。

──今回の劇場版では、他のキャストさんとの収録の中で生まれた芝居はありましたか?

高橋:残念ながら、小野君以外の方々とはほぼ別録りだったんです。唯一聞けたのが速水奨さん演じるセレスさんのセリフ。セレスさんは僕らよりも先に収録を終えていたので、ヘッドフォンでセレスさんの声を聞きながらリハーサルをさせていただきました。あと、落合(福嗣/アントニオ役)君は収録の順番がニアミスしたので、ブースから漏れてくるセリフを聞くことができました。ドラマCDでも共演しているので、どんな感じかもちろん知っているんですけど。

そんな中でも、セレスさんは想像していたものの、それ以上にエロかった。ヘッドフォンをつけて耳元で声を聞いていたら、もうメロメロになっちゃう感じがしました。高人とセレスさんは初対面なので、高人もずっと殊勝な態度なんですけど、自然と殊勝になってしまうんですよ。もうエロすぎです、セレスさん(笑)。

──チュン太役の小野さんとの収録はいかがでしたか? 小野さんとの芝居の中で生まれた空気感などがあれば教えてください。

高橋:もう全部です、全部。さすがに新しい発見はないですが(笑)、安心感というか、まだ6年とはいえ長年連れ添った相方みたいな感覚はありますね。小野君が演じるチュン太がこういう風に高人に迫ってくれるから、高人はこういう風にリアクションできる。そういう呼吸が生まれていますね。

表現はちょっと違うかもしれませんが、漫才師のようなもの。「こうボケるんでしょ? だからこう突っ込むよ」「わかった。こう突っ込まれたから、またそこにボケを乗っけるわ」みたいなことが自然にできています。「新しい発見はない」と言うとネガティブに聞こえるかもしれないけれど、そうではなくて。お互いのことをよく知っているがゆえの、安定感があり、だからこそ安心して役に没入できるんです。僕としては、そういう関係性だと勝手に思っています。小野君もそうだとうれしいですが。

──そういう呼吸も、現場を重ねるうちに生まれてきたんでしょうね。

高橋:そうですね。ドラマCDの第1巻の頃はお互いに探りながら、収録していました。でも、自分たちなりの回答を出そうと一生懸命取り組んで、演じていくうちに互いの理解も深まっていって。おかげさまで僕らも長く共演させていただいていますが、僕らの距離と高人とチュン太の心の接近がうまくリンクしていたらうれしいですね。

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

恋人としてつけていた指輪が、エンゲージリングになり、マリッジリングになっていく。そういう話だと思います

──では、劇場版で印象に残っているシーン、見どころについてお聞かせください。

高橋:最初のアバンですね。TVシリーズでおなじみのミキトモが出てくるんです。TVシリーズの第1話は、ミキとトモという謎のカップルの横を高人が通り抜けていくシーンから始まるのですが、劇場版もそれとオーバーラップしているんですね。それを観て「ああ、アニメの『だかいち』が始まるんだ!」という感覚になったのは僕だけでしょうか(笑)。これから観てくださるファンの皆さんも、そうであったらうれしいなと思います。

しかも、劇場版の高人の第一声は「グラシアス」。ミキとトモが「『ありがとう』ってスペイン語でなんて言うんだろうね」と話している時に、通りすがりの高人がぼそっと答えを言うんです。第一声がスペイン語であるというのも、「ああ、『スペイン編』が始まる!」という気持ちを高めてくれます。

もしも僕が映画館に足を運んだ『だかいち』ファンだとしたら、「どうなるのかな、劇場版」って期待感とドキドキ感で胸がいっぱいになっているはず。そんな時に、あのオープニングから始まると、ホッとできると思うんです。かと思うと、その数分後には「スペイン人に俺はなる!」という高人のセリフがドンと来る。そこでも「ああ、『だかいち』だ。高人がやってきた!」となってくれるんじゃないかなと思います。

──見どころとして冒頭シーンを挙げていただいた時は、「え、そこなんだ」と意外な気がしましたが、お話をうかがって納得しました。

高橋:「ここかよ!」って思う方もいらっしゃるでしょうけどね(笑)。でも、いろいろなものを含んだ楽しい幕開けだと思いました。

──劇中では、高人さんがフラメンコを踊るシーンもあります。ダンスシーンはいかがでしたか?

高橋:まだ完成した映像は観ていませんが、間違いなく作品の山場ですよね。詳しくは語れませんが、終盤の高人のフラメンコは僕も楽しみにしています。高人がスペインに渡ったのは、フラメンコをマスターすることが仕事上のスキルアップやプライドの顕示につながるから。でも、いつしか仕事上のハードルではなく、自分自身を表現するための手段になるんです。情熱や想いがあふれ出した高人のダンスは、ぜひご覧いただきたいですね。

──恋愛的な見どころについてはいかがでしょう。

高橋:あ、そこは僕も楽しみなんです。アフレコの時、「これ、TVシリーズだったら放送できるのかな」というシーンも録っているのでどうなっているのか。……って、濡れ場について聞かれたわけじゃなかったですね(笑)。

高人とチュン太の関係性で言うと、これまでは高人がチュン太に引き込まれるかのように思いを重ねてきました。でも、「スペイン編」を経て、「俺そのものを受け入れてほしい」「ごめん、今まで俺自身というものをお前に見せてなかったよな」という話になっていく。これまでも恋人として愛し合ってきたふたりが、もっと深いところまでいく流れ、恋愛から会いに変わっていく流れができたんじゃないでしょうか。

──「スペイン編」で一段深い関係になったということですね。

高橋:そうなんです。もう、ひとつになっちゃったんです。恋人から夫婦になったと言えばわかりやすいでしょうか。今までは恋人同士として指輪をつけていましたが、シリーズが続くことでそれがエンゲージリングになり、マリッジリングになっていく。そういう話なんじゃないかなと思います。

──ちょっと話は変わりますが、よく高人さんはチュン太に対して「発情天使」「腹黒天使」といった呼び方をしますよね。劇場版のチュン太は何天使だと思いますか。

高橋:おう! えー、何天使だろう……難しいなぁ……。いや、やっぱり「ストーカー天使」じゃないですか? 結局なんだかんだ言って、後を付け回しているわけですから。恋人だからと言ってストーキングされたことには変わりないので、「ストーカー天使」です!

──ありがとうございます(笑)。では、劇場版ならではの期待ポイントについてお聞かせください。大スクリーン、優れた音響で、『だかいち』をどう楽しんでほしいですか?

高橋:フラメンコシーンをはじめ映像や音響にも力が入っていますが、僕が考える映画館最大のメリットは空気だと思うんですね。日にちと時間を決めて、映画館にわざわざ足を運んで、お金を払って劇場版を観る。しかも、会場にはそういう人たちが他にもいっぱいいるわけです。そうした中で「劇場版『だかいち』を映画館で観る!」という状況を味わう。それが醍醐味だと思うんですね。

劇場版は、これまで皆さんが積み上げてくださった熱量に対するお返しのようなもの。「みんなで作ったんだ。BL作品が映画館でかかっているぞ」という状況をみんなで味わい、みんなで幸せになる瞬間ではないかと思います。存分にこの空気を味わっていただきたいですね。

──CDドラマ、TVアニメ、劇場版といろいろな展開を経験されてきましたが、今後『だかいち』にはどんな展開を望んでいますか?

高橋:どんどん突き進んでほしいけど、この先って何があるのかな……。あ、海外進出かな。アジアの一部では受け入れられているようですが、アメリカやそれこそスペインをはじめとするヨーロッパで受け入れられたら面白いなと思います。

もうちょっと手の届く範囲で言えば、『血の婚礼』の舞台化かな。まだ話が出ていないようなので、ぜひ俺たちにやらせてもらえないかなと思っています。小野君とのふたり芝居の朗読劇なんて、どうですか?

──いいですね!

高橋:ただ、お客さんが来るかなー(笑)。いろいろ展開したいですよね。ファンクラブのコンテンツに関しても、「俺、もっと参加するよ?」って思ってます。

──最後に、小野さんに伝えたいことはありますか?

高橋:そうだなぁ……。大丈夫だと思うんだけど、嫌いにならないでね(笑)。ふたり一緒の取材やイベントだと、僕はひとりで暴走する癖があって。後輩の小野君にフォローしてもらうことが多いんです。漫才で言うと、僕は西川のりおさんか、ぼんちおさむさん(笑)。「懲りずに付き合ってね」と伝えたいですね。

『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』公式サイト

取材・文=野本由起

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

抱かれたい男1位に脅されています。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

出版社:
アニプレックス
発売日:
ISBN:
4534530112538