スペインの風景と音楽から始まる准太と高人のドラマ──『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』脚本・成田良美インタビュー

アニメ

更新日:2021/10/7

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~
『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』 10 月 9 日(土)公開 (C)桜日梯子/リブレ 2021/DO1 PROJECT

「抱かれたい男」──それは、女性を虜にする色気あふれるスターの称号。子役時代から20年のキャリアを誇る俳優・西條高人は、5年にわたって女性誌の名物企画「抱かれたい男」ランキング1位に選ばれてきた。だが、6年目にしてついにその座を追い落とされることに。首位を奪った憎きライバルは、新人俳優・東谷准太。敵意を燃やす高人に対し、東谷はキラキラした笑顔を向けるだけでなく、ひょんなことから「抱かせてほしい」と言い出して……!?

桜日梯子さんのBLコミック『抱かれたい男1位に脅されています。』(以下『だかいち』)は、シリーズ累計発行部数400万部を突破した大ヒット作。ドラマCD、スピンオフ小説などさまざまなメディアに展開され、2018年にはTVアニメに、2019年には劇中劇の舞台化も果たした。そしてこのたび、ファンの熱い声にこたえて劇場版アニメが公開されることに! 10月9日(土)から全国ロードショーが始まる『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』は、その名のとおりスペインにわたったふたりの物語。スペイン育ちである東谷のルーツがひもとかれるとともに、役者として、人としてさらなる成長を遂げる高人の姿が描き出されていく。

そんな劇場版の見どころを、全6回のインタビューでお伝えしていこう。第2回は、TVシリーズに続いて劇場版でも脚本を手掛ける成田良美さん。原作の魅力、劇場版で力を入れたポイントについて、ひもといていこう。

advertisement

高人さんは、書けば書くほどかわいくなっちゃうキャラクター。私は大好きです(笑)

──2018年のTVシリーズに続き、このたび劇場版が公開されます。そもそも成田さんが劇場版の制作を知ったのでいつ頃でしたか?

成田:TVシリーズの放送が終わって、しばらく経った頃でしょうか。わりと早めにご連絡をいただいた気がします。

──劇場版の制作を知った時の感想は?

成田:うれしかったです! TVシリーズの脚本を書いている時も、すごく楽しかったんです。打ち合わせも、原作の桜日(梯子)先生が持ってきてくださるおいしいおやつを食べながら、皆さんで話し合う和気あいあいとした雰囲気で(笑)。毎回楽しく参加させていただいていました。

──劇場版のお話の前に、まずTVシリーズについておうかがいします。成田さんが、最初に『だかいち』原作コミックを読んだ時の感想は?

成田:シリーズ構成・脚本として参加することになり、初めて原作コミックを読みました。最初は性描写に驚いたのですが、読み進めていくとキャラクターが生き生きしていて、これは面白い作品だなと思いました。

──キャラクターのどんなところに魅力を感じましたか?

成田:やっぱり准太と高人さんという、ふたりの主人公が魅力的ですよね。主人公らしいパワーがありますし、カッコよさもあればかわいさもあって。それに、原作にはエピソードとエピソードの間にメモ書きのようにサブキャラの設定が細かく書かれていて、それもすごくいいなと思いました。設定があそこまで書かれているのは珍しいですし、書き手としてはとてもやりやすかったです。世界観がきっちり出来上がっていたので、シナリオにする時もスムーズでした。

──シリーズ構成や脚本において、大切にしたことは?

成田:この作品、読めば読むほどよくできているんですよ。ですから、やっぱり原作を最大限に生かしたいという思いがありました。とはいえ、アニメ化にあたって時系列を少し整理するなど、視聴者の皆さんが観やすくなるよう意識しました。

──アニメ化にあたって、原作の桜日先生や龍輪(直征)監督とはどんな話をされましたか?

成田:TVアニメでは、性描写がNGという大前提があります。そのうえで、この作品をどうやってアニメ化するのかというのが、一番大きな問題点でした。しかも、原作を読むとエッチシーンに重要なセリフがあることも。それらをどう描いていくか、毎回打ち合わせで調整していきました。

特に悩んだのは制服の回(第4話)。「これをどうやってアニメにするんだろう」と思いました(笑)。当初は「この話は描けないのでは……」と思いましたが、それでも監督やプロデューサーが「できるところまで攻めていこう」と弱気になっている私を励ましてくださって。「皆さんがそうおっしゃるなら頑張ります」ということで、ギリギリの線を攻めながらシナリオにしていきました。毎回、演出で何とかうまく切り抜けていただきましたね。

──メインとなるチュン太(東谷准太)と高人さんの関係性に対しては、どんな印象を抱きましたか?

成田:原作を読み進めて、3巻の准太の過去のエピソードを読んだ時に、その心情を深く理解できました。そこから1巻に戻ると、「あ、だからなのね」という納得感があり、すごくよく考えられた作品だなと思いましたね。

准太も、キラキラ天使、発情天使などいろんな面があるのがすごく面白くって。まだまだ掘り下げていけば何か出てくるんじゃないかという、奥深い魅力を感じます。高人さんは、シナリオを書いていくうちにすごく親近感が湧き、愛着も増しました。書けば書くほどかわいくなっちゃうキャラクターで、私は大好きです(笑)。

ふたりの関係性も、まだ発展途中。「スペイン編」を経ても、完結していない気がしますね。まだまだふたりの未来がこれから描かれていくでしょうし、いろいろなドラマが生まれる予感がします。一ファンとして原作を楽しみにしております。

──高人さんは比較的わかりやすいタイプですが、チュン太は高人さんに比べると少々つかみにくいところもあるのかなと思いました。その点はいかがでしたか?

成田:確かに、原作にも准太の感情が描かれるシーンはそれほど多くありません。でも、原作3巻の過去のエピソードと「スペイン編」では、准太の感情があふれ出しています。書きづらさはあまり感じませんが、「あ、こういう人なのね」と知っていくうれしさ、掘り下げていく楽しさはありました。

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

准太の過去、高人さんのフラメンコ、准太の涙というラインを、劇場版でもしっかり描こうと思いました

──劇場版は、今お話に出た「スペイン編」がベースになっています。シナリオを書く時に最初に決めたコンセプト、監督やプロデューサーと話したことは?

成田:原作の完成度が高いので、「ベースはこれで行こう」というところからスタートしています。劇場版アニメにするにあたって、出だしやつなぎなど細かいところは調整が必要かなと思いましたが、一番は原作をベースに置き、いかにして原作ストーリーを面白く見せるかというスタンスでした。

──チュン太のルーツが語られたり、高人さんが表現者としてひと皮むけたりと、ふたりにとっても転機になるエピソードです。成田さんは、原作の「スペイン編」をお読みになった時、どんな感想を抱きましたか?

成田:やっぱり准太の過去や感情が深く描かれていたので、そこはとても興味深く、楽しく読みました。准太の過去が描かれ、高人さんのフラメンコがあり、このラインが「おお、美しい!」と思いましたし、そこは劇場版でもしっかり描きたいと思ったポイントでした。それを生かすために、「パパラッチ編」で准太が高人さんに別れを告げられたシーンを足すなど、いろいろ細かい調整をしています。

──劇場版のシナリオと原作を読み比べましたが、セリフはそのまま生かしていますね。

成田:そうですね。セリフは一言一句変えないようにしました。

──原作を大切にしつつ、冒頭でおなじみのカップル・ミキちゃん&トモ君やレギュラーメンバーの綾木や成宮が登場するなど、アレンジも加えられています。

成田:せっかくファンの皆さんに、大スクリーンで『だかいち』を見ていただくのですから、『だかいち』ファミリーのキャラクターもできるだけ登場させたいと思いました。お祭り騒ぎじゃないですけど、ファンの皆さんに喜んでいただければ、と。

──「スペイン編」ということで、准太の祖父母や幼なじみのアントニオなどTVシリーズには出てこなかったキャラクターも登場します。

成田:そうですね。セレスさんは色気があるので、そのあたりがうまく出るように描きました。原作コミックでは、アントニオのバックに牛が描かれていたり、背景に細かい遊びが仕込まれていたりしたので、アニメでもそういった演出を取り入れています。

──成田さんが印象に残っているキャラは?

成田:気になるのは、准太の祖母の八千代さん。セレスさんの心を射止めた女性というだけで、タダモノじゃないですよね。深掘りすればもっといろいろ出てくるキャラクターだと思うので、機会があればまた何かで描いてみたいです。書いていて楽しかったので、八千代さんはもっと書いてみたくなりました。

──劇場版の見どころ、成田さんが気に入っているシーンなどもお聞かせください。

成田:脚本とはあまり関係ないのですが、やっぱりフラメンコは見どころですね。シナリオを書く時も、フラメンコの動画を観て気分を高めました。動きは監督や演出の皆さんにおまかせしているので、どんな映像になっているのかとても楽しみです。

あとは、スペイン語ですよね。脚本は日本語で書いて「スペイン語で」と注意書きを入れるだけなんですけど(笑)、声優の皆さんは大変な思いをしてしゃべっていらしたので。その分、スペインの雰囲気が高まってより素敵になりましたし、「やっぱりこれは劇場で見なきゃダメだよね」という本格感が出ました。

──どちらもスペインの雰囲気が増す演出ですね。

成田:劇場版の打ち合わせの時、フラメンコをどうするか、スペイン語をどうするかという2点が大きな議題になったんです。そんな中、スペイン語は声優さんに頑張ってもらい、字幕をつけることに。シナリオを書きながら、「これ、スペイン語でしゃべるんだよね……? 声優の皆さん、すみません」と申し訳ない気持ちになりました(笑)。

──ほかに、脚本上でスペイン感を出すために心がけたことはありますか?

成田:冒頭の部分ですね。原作から出だしを変えたんですよ。「そこはちょっといじらせてほしい」と会議で最初にお話ししました。やっぱり「スペイン編」なので、スペインの風景と音楽から入りたかったので。監督も同じように考えていらしたので、出だしは調整させていただきました。

──原作から、新たに追加したシーンはありますか?

成田:全体としてはほぼ原作通りですが、高人さんと准太がイチャイチャしている日常シーンを少しだけオリジナルで追加しました。桜日先生と一緒に考えたので、そこもぜひご覧いただきたいです。

──桜日先生が脚本に対してアイデアを出すというのは、よくあることなのでしょうか。

成田:基本はこちらで考えて、「こういうのはどうでしょう」とご提案する形なのですが、キャラクターのセリフや行動など、桜日先生から楽しいアイデアをいろいろいただきました。オリジナルのアイデアもすごく柔軟に受け入れてくださるので、とてもありがたい原作者さんです(笑)。私たちスタッフと一緒に楽しんで作ってくださるので、こちらも楽しみながらシナリオを書くことができます。

──TVシリーズでは、ハワイに行くオリジナル回(第8話)がありましたよね。ああいった展開も、桜日先生が一緒に考えてくださるのでしょうか。

成田:あの回を担当した森江美咲さんが、シナリオを書きました。アイデア自体は脚本家が考え、桜日先生に「どうでしょう」とお伺いを立て、先生からのアイデアを取り入れながら一緒に作っていきました。本当に、心地よい関係なんですよね。

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~

高人さんと准太は、ふたりセットじゃないとダメなんですよね

──これまでTVシリーズ、劇場版と関わってきた成田さんからご覧になって、『だかいち』がここまで愛される理由はどこにあると思いますか?

成田:一番は原作の素晴らしさ。勢いや熱がありますし、先ほどお話したとおりキャラクターも魅力にあふれています。脚本家として「オリジナルエピソードを書いて」と言われても、キャラがしっかりしているのでいくらでも書けるんですよ。

しかも、巻を重ねてもストーリーの勢いは衰えることがありません。最近、最新刊が出ましたけど、舞台「血の婚礼」のシーンなんて本当に鳥肌が立ちましたからね。人気の理由は、原作の素晴らしさに尽きるのかなと思いますね。

それに加えて、アニメをみんなで盛り上げたり、ファンクラブ運営スタッフのサービス精神がすごかったり、ファンの気持ちをあげてくれる仕掛けがいっぱいありますよね。本当に素敵な作品だなと思います。

──原作はまだまだ続いていきますが、成田さんは今回の「スペイン編」をどのような位置づけとして捉えていますか?

成田:これで完結ではありませんし、ふたりの関係性ももっともっと変化し、発展していくんでしょうね。シリーズの重要なポイントではありますが、まだまだ途中経過のワンシーンっていう気がします。

──この続きも、アニメで表現したいというお気持ちは?

成田:もちろんあります! 続きがあれば、ぜひお声がけいただきたいです。

──成田さんは、スピンオフ小説『小説 抱かれたい男1位に脅されています。 紅血の殉教者』(リブレ)も担当されていますよね。

成田:そうなんです。パラレルな設定の小説を書かせていただきました。おかげさまで、『だかいち』の世界にどっぷりハマっております(笑)。キャラがしっかりしているので、どんな世界に行こうともストーリーを展開させられるんですよね。主人公ふたりに魅力と人気のある作品は強いなと思います。

──ファンの方も、チュン太と高人さんのどちらか片方というより、ふたりを応援している感じがしますよね。

成田:私もそう思います。私はたくましい人が好きなので、原作を最初に読んだ時はチュン太がいいなと思ったんですけど。シナリオを書いていくうちに、どんどん高人さんに惹かれていってしまいました。でも、「どっちが好き」とかじゃなくて、ふたりセットじゃないとダメなんですよね。ふたりセットで好きになる、そんな作品ですね。

──最後に、劇場版を楽しみにしている方に向けてメッセージをお願いします。

成田:ファンの皆さんに楽しんでいただけるよう、力を尽くしました。ぜひ大画面で泣いたり踊ったりする准太と高人さんたちを観て、楽しんでいただけたらうれしいです。


『劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~』公式サイト

取材・文=野本由起

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

抱かれたい男1位に脅されています。 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

出版社:
アニプレックス
発売日:
ISBN:
4534530112538