月夜に読みたい「泣ける小説5選」

まとめ

帰り道、見上げた空に月を見つけたとき、それが満月であれ半月であれ三日月であれ、ふと立ち止まってしばらく眺めてしまう。そんなときがあります。 今日は上手に伝えられただろうか、受け止められただろうかと、学…

本文を読む