「2020年本屋大賞」大賞を受賞した凪良ゆうの小説 おすすめ3作品

文芸・カルチャー

2020/4/7

 もともとBL小説を中心に活躍してきた小説家・凪良ゆうさんが、ジャンルを超えて知られるようになったきっかけは2017年に刊行された『神さまのビオトープ』(講談社)。その後、2019年8月に刊行された『流浪の月』(東京創元社)は文芸書売り上げ1位の書店が続出。見事「2020年本屋大賞」大賞受賞作に輝いた。世の中の“普通... 続きを読む