注目の新刊 『禿鷹の要塞』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

2013/1/5

16世紀末、キリシタン武将・小西行長率いる3万人の日本軍と、5000人の朝鮮軍が激突した「幸州山城の戦い」。その熾烈な戦いを朝鮮側の僧兵・一厳を主人公に描いた、手に汗握る時代小説。『徳川家康 トクチョンカガン』の前日譚にあたる、歴史エンターテインメント。