注目の新刊 『虚構内存在 筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

作品社

2013/4/6

3・11以降急速に政治化するオタク、貧困にあえぐロスジェネ世代……。絶望の淵に立たされる今、作家・筒井康隆がつくり出した「虚構内存在」と「超虚構理論」を参照軸に、高度電脳化世界における〈人間〉とは何かを根源から問う。2010年代を読み解く本格批評の誕生。