注目の新刊 『愛に乱暴』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

吉田修一

2013/6/6

これは私の、私たちの愛の筈だった――。夫の不実を疑い、姑の視線に耐えられなくなった時、桃子は誰にも言えぬ密かな衝動を行動に移す。夫婦とは何か、〈家〉とは何か、妻が望んでいた言葉とは? 『悪人』『横道世之介』の作家が踏み込んだ慄然たる愛の形。