注目の新刊 『血盟団事件』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

2013/10/19

要人をターゲットにした昭和7年の連続テロ「血盟団事件」。首謀者であった宗教家・井上日召の生涯を追い、若者がなぜ井上に追随したのかを関係者の証言や文献からひもとく。格差社会の拡大など当時と現代の日本はあまりにも状況が似ている、と著者は記している。