注目の新刊 『内田樹による内田樹』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

2013/11/21

『ためらいの倫理学』『先生はえらい』『街場のアメリカ論』『日本辺境論』——。内田樹はなぜこれらの本を書いたのか? 11作の著書・翻訳書を著者自身が徹底解説。ブックガイドとしてはもちろん、執筆活動の内側を垣間見ることができる読み物にも仕上がっている。