注目の新刊 『かがやく月の宮』 ダ・ヴィンチ2014年2月号

2014/1/7

誰のものにもならなかった美しくも不可思議なかぐや姫の物語を、帝の視点から現実的にとらえなおすとまったく別の構図が見えてくる。5人の貴公子が難題を突き付けられた真意、そして帝がかぐや姫をかけて戦った相手とは……。初めて語られる、人間くさい『竹取物語』。