注目の新刊『異国のおじさんを伴う』ダ・ヴィンチ2011年12月号

文藝春秋

2011/11/5

クリスマス直前の百貨店、鯨が泳ぐ南の海、奇妙な道連れと訪れたミュンヘン―。ドラマはどこに待ち受けているか分からない。胸に残る文章、ちくりと刺す毒、さりげないユーモア。「人って愚かで滑稽で愛おしい!」と感じさせてくれる、バラエティ豊かな短編集。 続きを読む