注目の新刊 『ゾンビ日記』 ダ・ヴィンチ2012年8月号

押井守

2012/7/6

押井守の最新書き下ろし小説が登場。おそらく自分以外はゾンビしか存在しない世界で「1日の標的を50人と決めて」狙撃を続ける男が語り手だ。日常の執拗な描写と、死、殺人、戦争などへの考察が淡々と続き、ある種の安らぎすら感じられる静かな小説だ。