注目の新刊 『サンカーラ この世の断片をたぐり寄せて』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

新潮社

2012/11/6

地震で揺れ続け、原発のなくならない国で生きることとは。日々突きつけられる問いを受けとめ、迷いながらも、さまざまな出会いに支えられ、ひたすら歩き続ける。福島、広島、水俣――。ブッダの大きな心を仰ぎ見、無常の世をさまよいながら紡がれる日常のものがたり。