注目の新刊81冊(2014年11月)

2014/10/7

2014年3月に国際アンデルセン賞を受賞した上橋菜穂子の最新エッセイ集『明日は、いずこの空の下』が刊行された。イギリス、フランス、オーストラリアそして沖縄など、『精霊の守り人』『獣の奏者』を生み出す土壌となった旅の思い出を描く。最新長編『鹿の王』と合わせて読みたい1冊だ。