注目の新刊82冊(2015年8月)

2015/7/22

●『窓ぎわのトットちゃん』から30年以上の時を経て刊行された、黒柳徹子の『トットひとり』。「ザ・ベストテン」の思い出、タマネギヘアの秘密など、著者のとっておきのエピソードを綴った宝石箱のような一冊。●怪奇大ロマンの世界観が魅力の、江戸川乱歩『幽霊塔』。本作を中学生の頃に耽読したという宮崎駿が描く、渾身のカラー解説口絵(16頁)にも注目。●『ストレイヤーズ・クロニクル』『at Home』と映画化が続く著者・本多孝好の最新作『君の隣に』は、横浜伊勢佐木町で風俗店を営む大学生と、彼と暮らす少女、二人の秘密が周囲の人物から明かされていくミステリー。