第7回『幽』怪談文学賞 第4回『幽』怪談実話コンテスト受賞作

幽・Mei(冥)コンテンツ

2012/11/20

幽 怪談文学賞

第7回『幽』怪談文学賞 受賞作決定

第7回『幽』怪談文学賞の選考会が2012年11月19日に行われ、次のとおり受賞作が決定しました。

●短編部門

《大賞》

該当作なし

《準大賞》

「地蔵の背」織江(おりえ)
「埃家」剣先あおり(けんさきあおり)

《佳作》

「置いてけ堀」小林義彦(こばやしよしひこ)
「奇妙な孤独・他三篇」殿井 歩(とのいあゆむ)

 

●長編部門

《大賞》

該当作なし

《奨励賞》

「霜月の花」内藤 了(ないとうりょう)

第7回『幽』怪談文学賞 最終候補作品(14作品)

短編部門(10作品)
「椿の道」朝蕗光子(あさぶきみつこ)
「地蔵の背」織江(おりえ)
「埃家」剣先あおり(けんさきあおり)
「置いてけ堀」小林義彦(こばやしよしひこ)
「奇妙な孤独・他三篇」殿井 歩(とのいあゆむ)
「カゴの鳥」猫吉(ねこきち)
「宴」野棲あづこ(のすあづこ)
「雪が降る」平野十南水(ひらのとなみ)
「うなぎの仇討ち」福助(ふくすけ)
「天使の蟲」宮本あおば(みやもとあおば)

長編部門 (4作品)
「D坂あたりの家」石川菜野(いしかわなの)
「霜月の花」内藤 了(ないとうりょう)
「宵待患者」中里友香(なかざとゆか)
「神童」柳井政和(やないまさかず)

(作者名五十音順)

幽 怪談実話コンテスト

第4回『幽』怪談実話コンテストの選考会が2012年11月7日に行われ、次のとおり受賞作が決定しました。

《大賞》

「痕跡」オペラ沢かおり(おぺらさわかおり)

《優秀賞》

「怪獣スタンプ」富園ハルク(とみぞのはるく)
「黄昏」ひびきはじめ

《佳作》

「耳をみた」仙堂ルリコ(せんどうるりこ)
「三角池」貫井輝(ぬくいてる)
「つたえたいこと。」真白 圭(ましろけい)

《ガクガク賞》

「耳の後ろに顎を乗せる女」福永緑丸(ふくながみどりまる)

《学者さんで賞》

「生き写し」稲冨伸明(いなとみのぶあき)

第4回『幽』怪談実話コンテスト 最終候補作品(17作品)

「まだ知らない化石」甘木雪(あまきゆき)
「生き写し」稲冨伸明(いなとみのぶあき)
「狐の嫁入り または怪談会の怪異」岡林リョウ(おかばやしりょう)
「痕跡」オペラ沢かおり(おぺらさわかおり)
「神棚」オペラ沢かおり(おぺらさわかおり)
「渡り」九条紀偉(くじょうきい)
「乙女の祈り」崩木十弐(くずきじゅうに)
「耳をみた」仙堂ルリコ(せんどうるりこ)
「入れ替わり」竹内宇瑠栖(たけうちうるす)
「怪獣スタンプ」富園ハルク(とみぞのはるく)
「三角池」貫井輝(ぬくいてる)
「黄昏」ひびきはじめ
「耳の後ろに顎を乗せる女」福永緑丸(ふくながみどりまる)
「想いを籠めて」へみ
「つたえたいこと。」真白 圭(ましろけい)
「沖縄のホテル]真白 圭(ましろけい)
「隙間と穴と」真白 圭(ましろけい)

(作者名五十音順)