ラノベの作家たちが書き上げた“最初の一文”が集合 

マンガ・アニメ

2012/12/3

 電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」は、ライトノベルレーベル「MF文庫J」の人気作品第1巻の冒頭の一文を集めた『至高の“ラノベ”イントロフェア』を実施した。

 特設ページの画面上には、ライトノベル作家が頭を悩ませ書き上げた“最初の一文”ばかりが集められ、自動スクロールで右から左へと数々の一文が流れていく。「ロリコンになりたい。」「窓から女の子が降ってくると思うか?」「高校デビューに失敗しました。」など、ライトノベルらしさが凝縮された至高の冒頭文ばかり。気になる文章をクリックするとそのまま購入画面へ向かう仕組みになっているのだ。ニコニコ動画のように流れるコメントを見られるのが面白い。

 

 ネットではさっそく、「この作品は一発で分かった」「あのラノベのセリフが流れてきて笑った」と、一文から小説のタイトルを当てようとする人たちも登場し、「BOOK☆WALKER」の新しい試みをさっそく楽しんでいる姿が見られた。

 開発担当者によれば、「コンセプトは闇鍋。ライトノベルは表紙を飾る美少女キャラクターに目を奪われがちですが、あえて文章だけにすることで、読者自身の感性と想像に任せた作品との出会いを楽しめるようにしたかった」とのこと。新しいライトノベルを探している人は一度試してみては?