『桐島』作者・朝井リョウの最新作 テーマは「ソー活」!?

文芸・カルチャー

2012/12/10

 2014年春卒業生の就職活動が12月1日、本格始動した。それに合わせるかのごとく話題なのが『桐島、部活やめるってよ』(集英社)が映画化され大ヒット、23歳にして直木賞候補となった朝井リョウの最新作『何者』(新潮社)。気鋭の小説家が新たに選んだ題材は「就活」である。  これまでも「就職活動」をテーマにした小説はあった... 続きを読む