角川書店の文芸誌『小説 野性時代』が女子アナとコラボ

芸能

2012/12/12

撮影/ホンゴユウジ

 『天地明察』『ジェノサイド』などのヒット作を生み出してきた角川書店の文芸誌『小説 野性時代』が2013年1月号から1年間、「読書の似合う知的な女性」をテーマに女子アナウンサーとコラボレーションを行う。

 第1弾は、女子アナの中でも屈指の人気を誇る皆藤愛子さんが登場。同誌の特集「医療エンタメ徹底解剖」にちなんで、皆藤愛子さんが女医に扮して表紙を飾る。
 さらに表紙だけではなく、カラー4ページのグラビアとショート・インタビューが掲載されるという。テレビでは見ることができない皆藤さんの一面が見られる内容となっている。

 以降も人気の女子アナが各号の特集テーマや季節にあわせた装いで登場するということなので、ぜひ注目してもらいたい。

 『小説 野性時代』2013年1月号は2012年12月12日発売。特集は「医療エンタメ徹底解剖」。「チーム・バチスタ」シリーズの海道尊さんのインタビューをはじめ、近藤史恵さんの新連載などを掲載する。

■『小説 野性時代』 2013年1月号 680円(税込)
⇒『小説 野性時代』公式サイト(角川書店)