『八重の桜』新島八重に学べ! 新たなモテは「明治女」が鍵!?

エンタメ

2013/1/17

 高視聴率で幕を開けた、今年のNHK大河ドラマ『八重の桜』。綾瀬はるかが演じる主人公・新島八重は、“幕末のジャンヌ・ダルク”とも呼ばれ、のちに同志社大学を設立する新島 襄の妻となった人物。男尊女卑の時代にあって、会津の武士道「ならぬことはならぬのです」の精神を貫いた“元祖ハンサムウーマン”だ。  そんな八重の、時代を... 続きを読む