特集番外編1 2013年3月号

特集番外編1

2013/2/6

女子向けマンガは男子の教科書!?

編集K

 

30代女子マンガ特集、お読み頂けましたでしょうか。

今回特集を担当させて頂いた私Kですが、何を隠そう30代でも女子でもありません!
しかしそんな私が読んでも30代女子向けマンガは本当に面白い!いま旬なマンガが集まっていると思います。

以前ヤマシタトモコさんの特集をやらせて頂いたときに、『HER』に登場するたくさんの女性キャラクターたちを見て「オ、オンナって怖ぇ……でも勉強になる」と思ったものでしたが、今回さまざまな作家さんの作品を横断的に読むことによって、その題材と、それを捉える著者の視点の多様さに改めて驚かされました。

ヤマシタさんに代表されるようなリアル系から、ついつい主人公たちを応援したくなる青春もの、懐かしの少女マンガ設定を受け継ぐ恋愛マンガ、壮大なストーリーで読み手をワクワクさせるファンタジーものまで、大雑把にジャンル分けすると、今度は具体的な作品名がどんどん頭の中に浮かび上がってきます。『りぼん』『なかよし』の黄金期に少女時代を過ごした30代女子向けのコンテンツは本当に層が厚いのです。

今回弊誌では「いまハマっているマンガ」や「バイブル的少女マンガ」「マンガに求めるもの」など、6つの質問項目について読者アンケートを決行。その結果から導き出された6つのキーワードにあわせて計100作品を紹介しています(ランキング結果にも注目!)。

そのキーワードとは

1 青春リバイバル
2 少女マンガは終わらない
3 30代女子のリアル
4 今、求める男キャラ
5 大人が楽しむSF・ファンタジー
6 ともに歩んだ作家たち

以上6つです。

1つでも気になったものがあればぜひ特集記事を読んでみて下さい。
読みたくなるマンガが必ずあるはず!


 

 

語りつくせぬ少女マンガ愛をご堪能ください!

編集K.S.

 

30代といっても、30歳と39歳では10年の差があるし、読んできた作品もそれぞれだろうなぁ。などと思いながらスタートした特集内企画「30代女子マンガ座談会」でしたが、おおいに盛り上がりました。『ときめきトゥナイト』『星の瞳のシルエット』など、なつかしい作品がゴロゴロ。マンガ好き女子たちの6Pではおさまりきらないマンガ愛をぜひご堪能ください! ご協力いただいた4名のマンガ好き女子の皆様、ありがとうございました。

そしてマンガ好き男子に聞く「僕が女性に読ませたいマンガ」コーナーでは、高良健吾さん、金子ノブアキさん、フジファブリック山内総一郎さんとともに、お笑い界からはバカリズムさんとライセンスのお二人にご登場いただきました。芸人3人の選んだマンガは、30代女子マンガ座談会とはうってかわって男らしい作品でした! 彼らから30代女子へ、愛あるメッセージもお見逃しなく。