久世番子ら、プロのマンガ読みの語る不朽の名作マンガたち

アニメ・マンガ

2013/2/13

 多感な少女時代に出会った作家は、大人になっても心のどこかに息づいているもの。マンガ読みの30代女子が、10代・20代と愛読してきた少女マンガ家とは? 『ダ・ヴィンチ』3月号の「30代女子のためのマンガ100」特集では、マンガ家の久世番子をはじめ、ライターの横井周子、編集者の齋藤和佳、書店員の田中香織という立場は違え... 続きを読む