デジタルコミック誌発の単行本レーベル、電撃ジャパンコミックス創刊

アニメ・マンガ

2011/9/15

 昨年12月に創刊した『電撃コミック ジャパン』は iPad/iPhone/PC/Android向けの電子コミック誌としてスタートした。
 
石原まこちん、外薗昌也をはじめとする実力派や、期待の若手の登用で話題を呼んでいる同誌が紙の単行本レーベル「電撃ジャパンコミックス」を9月15日に創刊した。

 人気作復活となる石原まこちんの『THE3名様 新装開店編』、『シブすぎ技術に男泣き!』で知られる見ル野栄司の『ロッカク』はデジタル連載ならではのフルカラーで刊行。技能五輪出場を目指して町工場に入社した主人公を描いた『ロッカク』は、職人の世界の奥深さを描いた傑作だ。
 
 岡田惠和原作、マッサ留美子作画の『連続テレビ小説 おひさま』は、大反響の朝ドラのコミック化作品。戦前・戦中・戦後をたくましく生きた女性を活写している。
 その他、ロケット作りに夢を賭ける少年たちを描いた佐治晴斗の『少年ロケット』、天然KY系男子の奇妙なスクールライフを描いた岩村月子の『ハイスクールレイニー』、現代の闇をつづる外薗昌也の『インソムニア』など注目作品が目白押し。
 
 同誌は現在最高の大賞賞金総額で話題の「デジタルMANGA新人賞」を創設。
新人発掘に力を入れ、新しい挑戦が続く。「電撃ジャパンコミックス」と『電撃コミック ジャパン』の未来から、ますます目が離せない。

(ダ・ヴィンチ10月号 ダ・ヴィンチピックアップより)