衝撃のタイトルで話題だったあの作品がついに文庫化される

文芸・カルチャー

2013/3/1

 第6回HJ文庫大賞奨励賞を受賞した、米倉あきら『せんせいは何故女子中学生にちんちんをぶち込み続けるのか?』がついに文庫化された。

 同作はその衝撃のタイトルで受賞作発表後ネットを中心に話題となった。HJ文庫編集部による選評では奨励賞ながら「大賞始まって以来最大の問題作」「単純な面白さなら間違いなくトップクラス」と評され、気になる内容については「タイトル通りの内容ながら、タイトルから予想される展開とは全く異なってい」るという謎めいたものだった。

 その問題作が『インテリぶる推理少女とハメたいせんせい』と改題し、ついに文庫化された。
 人間は無作為にテキトウに動くのだ、と主張する文芸部顧問になった「せんせい」と、この世の全てが理屈通りに動いている、と信じて疑わない中学生の文学少女「比良坂れい」の2人が孤島を舞台に壮絶な頭脳戦と恋愛模様を繰り広げる。

 公式サイトでは作品の冒頭部分が立ち読みできるようになっているので、気になるその内容をチェックしてみてはいかがだろうか。

⇒『インテリぶる推理少女とハメたいせんせい』公式サイト(ホビージャパン)
⇒第6回HJ文庫大賞特設ページ(ホビージャパン)
■『インテリぶる推理少女とハメたいせんせい』 米倉あきら/著 和遥キナ/イラスト ホビージャパン 670円(税込)