黒木あるじ新刊 隠された101話目はスマホで読む

2013/3/5

 2013年2月に刊行された、怪談作家・黒木あるじ氏の新刊『無惨百物語 にがさない』(メディアファクトリー)には実話怪談が100話収録されているのだが、スマートフォンのアプリ「NEO POSTER」を用いると、隠された第101話目を読むことができる。

 方法はとても簡単で、「NEO POSTER」ダウンロード後、アプリを起動し、『無惨百物語 にがさない』のカバーを撮影する。このとき文庫に巻かれている帯はあってもなくてもかまわない。撮影が終了し、カバーが認識されると、第101話目がムービーと共に始まる。

 このアプリの機能は現在、ポスターなどさまざまな場所で使用されているが、書籍で使われるのは初めてだということだ。

 アプリ自体は無料なので、『無惨百物語 にがさない』を持っている方はもちろん、まだお持ちでない方もぜひ手にとって試してみてはいかがだろうか。同アプリはiOS版Android版ともにリリースされている。

⇒「NEO POSTER」公式サイト
■『無惨百物語 にがさない』 黒木あるじ メディアファクトリー 650円(税込)