BookLiveと三省堂 絶版本を紙と電子で復元

文芸・カルチャー

2013/3/7

 BookLiveと三省堂書店は絶版本など、書店で入手困難な書籍を紙と電子の両方で復元して販売する「インタラクティブブックソリューション」事業を2013年3月7日より開始した。

「インタラクティブブックソリューション」は、電子書籍ストア「BookLive!」と、三省堂書店が運営する「三省堂書店オンデマンド」連動させた事業。絶版本や入手が困難になった本などを両社のいずれかが出版社に交渉して電子データ化し、電子書籍を「BookLive!」で、紙の書籍を「三省堂オンデマンド」を通じて販売する。読者は紙と電子を好みに応じて選択することができる。

 同事業の取り組み第1弾は、以前「BookLive!」で配信して好評を得た平凡社の「東洋文庫」。今回は新しく「三省堂書店オンデマンド」でも販売する。「東洋文庫」は、アジア各地の古典作品を翻訳し詳細な解説をつけた叢書シリーズで、入手困難で古書市場で高値をつける作品を多く含み、根強い人気を誇っている。

 今後は、扱う書籍数も増え、WEBと書店の連携を強めていくということなので、次からの展開にも期待したい。

⇒「BookLive!」公式サイト
⇒「三省堂書店オンデマンド」公式サイト