「ビブリア」「図書館戦争」…いま、本にまつわる場所が舞台の小説が人気!

文芸・カルチャー

2013/3/15

 現在放送中の月9ドラマ原作『ビブリア古書堂の事件手帖』、春に映画公開の決まっている『図書館戦争』などをはじめとして、いま、書店や図書館、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。なぜ、人は「本」のなかにも「本」を求めるのか? 『ダ・ヴィンチ』4月号ではその理由を追跡し、「本がある場所」が紡ぐ物語文庫... 続きを読む