おひとりさまに在宅死は可能か?

社会

2013/3/19

 2012年10月に、41歳という若さで急逝した流通ジャーナリストの金子哲雄さん。最後の著書となった『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』(小学館)には余命宣言された後の葛藤や苦しみと共に、生前葬など「死を迎えるための準備」について書かれている。その中で明かされたのは、自宅で最期を迎える「在宅死」を希望したこ... 続きを読む