「母親に嫌われた」子どもの心のうちとは?

出産・子育て

2013/4/3

『母さんがどんなに僕が嫌いでも』(歌川たいじ/エンターブレイン)  「心臓が、なんどもぎゅうっとなった。」――糸井重里がこう感想を寄せているコミックエッセイが、いま静かな話題を呼んでいる。  『母さんがどんなに僕が嫌いでも』(エンターブレイン)は、人気ブログ「【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です。」でも知られるマンガ家... 続きを読む