村上春樹の最新作と『あまちゃん』がどっちも面白くなる!? 片桐はいりの「フィンランド本」

文芸・カルチャー

2013/4/27

『わたしのマトカ』(片桐はいり/幻冬舎)  4月12日に発売されるやいなや早くも100万部を超えるベストセラーとなった、村上春樹の最新小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)。高校時代の仲良しグループから突然拒絶されたことで大学時代に自殺まで考えた主人公、多崎つくる。36歳となった現在は駅を作る仕... 続きを読む