特集番外編1 2011年7月号

特集番外編1

更新日:2013/8/8

「犬いい話」特集番外編

編集Y.S

 

犬と人間がふれあう「いい話」を集めた「犬いい話」特集。今回の特集では、いつも傍らに寄り添い、切ないほどの信頼を寄せてくれる犬と私たち人間との温かい関係をテーマに、特集を組んでみました。
巻頭企画の「読者から届いた“犬いい話”」では、特集にあたり読者アンケートを募集したところ、みなさまからたくさんの犬とのエピソードが寄せられました。アンケートにご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。また今回の特集で、犬の撮影にご協力いただいたみなさまにも御礼申し上げます。心温まるエピソードと写真を、ぜひお楽しみください。
ほかにも、映画『星守る犬』対談として、原作の村上たかしさんと瀧本智行監督の「いい話」や、犬好きな著名人の方々のインタビュー、犬にまつわる新刊インタビューやブックガイドなど、犬好きにはたまらない企画が満載です。犬が大好きな方はもちろん、動物好きの方々に、ぜひ今月の「犬いい話」特集で、心温まるひとときをお過ごしいただけたらと思います。

 

 


 

 

「犬いい話」特集番外編

編集R

 

小学生のころ、私は近所にいた野良犬(いまはあまり見かけなくなりましたが)を家に連れ帰ったことがあります。いま思えば安易な気持ちだったのですが、当時はそれなりに真剣な気持ちで飼いたいと考えていました。その犬はすでに立派な成犬(老犬の域に達していたかも)でとても大人しく、きっと以前は人に飼われていたのだろうことがわかりました。残念ながらその犬を飼うことは認めてもらえませんでしたが、犬とともにしたその短い時間は、いまでも鮮明に覚えています。その頃から、犬との暮らしを夢見てきました。 そんな私が今回の特集で担当したのは、犬とともに暮らしている著名人へのインタビュー企画「私と犬のいい関係」です。
取材をさせていただいた皆さんどなたも愛犬への思いに溢れており、相棒、恋人、友人、仲間、家族……それぞれと犬との関係は、まさに十人十色でした。
ただ、皆さんから共通して感じたこともあります。それは、ただ愛を注ぐだけではなく、犬という生き物と暮らすことへの覚悟です。単純に注がれる愛ではなく、飼い主として彼らのすべてを受け止めるという確固たる信念を持ち、人との付き合いと同等、もしくはそれ以上の信頼関係を築きあげなければならないのだと知りました。そして、犬のことを語っているときに見せてもらった、優しい笑顔も忘れられません。
取材を重ねるごとに、犬と暮らす夢はますます膨らんでいったのですが……、私がいま一番飼いたい動物はブタなのです。今度はブタ特集をやってみたいですねぇ。