いじめと闘う“小学生俳人”が話題

社会

2013/5/5

『ランドセル俳人の五・七・五 いじめられ行きたし行けぬ春の雨――11歳、不登校の少年。生きる希望は俳句を詠むこと。』(小林 凜/ブックマン社)  “生きる希望は俳句を詠むこと”──そう綴る少年の俳句集が、いま静かな感動の輪を広げているのをご存じだろうか。  小林凛という俳号を持った少年は、現在11歳。小学3年生のとき... 続きを読む