猪瀬都知事の「都バス24時間運行構想」から「日本のバス」の歴史と現状を考える

社会

2013/5/15

『日本のバス―100余年のあゆみとこれから』(鈴木文彦/成美堂出版)  先月、東京都の猪瀬直樹知事が、年内にも六本木~渋谷間を走る都営バスの24時間運行をスタートさせる意向を明らかにした。これは政府が規制緩和を実施する「アベノミクス戦略特区」(高度規制改革・税制改革特区)を創設する方向で検討に入ったことがきっかけで、... 続きを読む